インターネットをはじめたら真っ先にやる事

あなたのインターネットはどの会社の提供するサービスですか?「フレッツ光」や「au光」「JCOMなどのケーブルテレビ」など提供会社によってインターネット接続サービスの名称は様々です。これからインターネットを快適に利用する為にまずやる事を確認しておきましょう。

インターネット提供会社を把握しておく

自宅に光回線を導入した場合は、工事業者がインターネットを行う為に必要なルーターなどのレンタル機器を設置しているかと思います。パソコンに詳しくない人ほど自分が契約した会社が分からない事が多く、後にインターネットがつながらない等の不具合が発生した時に困る事があります。

NTTのフレッツ光?それともau?

まずはインターネットの提供会社を把握しておきましょう。インターネットの工事が完了したばかりであれば、手元に郵送で送られてきた契約内容の書類があるはずです。その中には会社名や契約プラン、電話サポートの連絡先が記載されています。

  • NTTのフレッツ光
  • KDDIのau光
  • ケーブルテレビのJCOM などなど

回線提供を行うNTTなどの電話会社以外にプロバイダーにも契約している事もあります。主なプロバイダーは以下の通りです。

  • OCN
  • ビックローブ
  • So-net などなど

OCNなどの大手のインターネットサービスプロバイダーから地域密着型の小さなプロバイダーまで合わせると日本全国で100社以上にもなります。自分が契約したプロバイダーはどこなのか把握しておきましょう。具体的な方法としては、ネットに急につながらなくなった等のトラブル時の連絡先を書き留めておく事です。自分が契約した会社名と電話サポートの連絡先を付箋などに記入し、わかりやすい場所に張り付けておくと良いでしょう。

インターネットの入り口「ブラウザ」を自分好みに設定する

ブラウザとはインターネットでホームページを見る為のソフトウェアの事です。パソコンのOSがWindows7の場合はInternet Explorer。Windows10の場合はEdgeが標準のブラウザとなります。

Internet Explorer11のアイコン

まずはブラウザを開いてみましょう。Windows7の場合は、Internet Explorer11のアイコンをダブルクリック。Windows10の場合は、Edgeをダブルクリックしてみましょう。ブラウザを開いた時に、どのホームページが表示されていますか?殆どの場合はMSNやヤフーなどのポータルサイトやGoogleの検索画面になっていると思いますが、お使いのパソコンによっては、プロバイダーが提供しているポータルサイトが表示されている事もあります。当サイトでは、セキュリティ面でも安心な下記3つの大手ポータルサイトをお勧めしています。

Yahoo!JAPAN(ヤフージャパン)

日本最大のポータルサイトです。インターネットの検索から最新ニュース、天気予報などの生活に必要な情報からオークション(ヤフオク)やオンラインショッピング、動画配信など必要な事は殆ど網羅しています。

MSN(エムエスエヌ)

Windowsの開発元のマイクロソフトが提供するポータルサイトです。トップページは最新ニュースを中心に構成されています。インターネットの検索やニュースだけみるような人はMSNでも良いかもしれません。

Google(グーグル)

世界最大の検索サービスを提供しています。シンプルに検索を中心にインターネットを活用したい方にはお勧めです。ストリートビューでおなじみのGoogleマップや無料のメールサービスGMail、世界最大の動画配信サイトyoutubeにもトップページから簡単にアクセスできます。

Internet Explorer11にホームページを設定する

ブラウザを立ち上げた時に、はじめに出るホームページの設定方法をお伝えします。ここでは例としてYahoo!JAPAN(ヤフージャパン)をホームページに設定してみます。まずは、Yahoo!JAPANにアクセスします。ヤフージャパンが表示されたら画面右上の「ツール」ボタンをクリックします。

画面右上にあるツールボタン(歯車のようなマーク)をクリック。

次に下記画面のようなメニューが表示されるので、「インターネットオプション」をクリックします。

メニューが表示されたら「インターネットオプション」をクリック。

「インターネットオプション」のウィンドウが表示されたら、「現在のページを使用」をクリックします。「現在のページを使用」をクリック後、ボタンの上にヤフーのアドレスが表示された事を確認し、「適用」ボタンを押してから「OK」ボタンを押します。

以上でInternet Explorer11を起動するたびにヤフージャパンが表示されるようになります。

Edgeにホームページを設定する(Windows10向け)

まずEdgeをクリックし起動します。ここでは例としてGoogle(グーグル)をホームページに設定してみます。EdgeでGoogleを表示させましょう。

EdgeのアイコンはInternet Explorerと比べて微妙に違うので間違わないように注意が必要です。

Googleが表示されたら、画面上部にあるGoogleのアドレス部分(google.co.jp)にカーソルを合わせて、右クリックをします。右クリックをするとメニューが出てくるので「コピー」を左クリックします。

次に画面右上の「設定」ボタン(…マーク)をクリックします。

メニュー画面が出たら、「設定」をクリックします。

次に「Microsoft Edgeの起動時に開くページ」の下にあるプルダウンメニューをクリックし、「特定のページ」をクリックして選びます。

「特定のページ」の下に薄い字で「URLを入力してください」というボックスが出てきます。そこにカーソルを合わせて「右クリック」をすると下記図のように「貼り付け」ボタンが出てくるので「貼り付け」ボタンを左クリックします。

下図のようにグーグルのアドレスが表示されている事を確認して、右側のボタンをクリックします。これで設定は完了です。

一度、Edgeを閉じてからもう一度Edgeを起動してみてください。表示されるホームページがGoogleになっていると思います。これで、Edgeを起動する度にGoogleが表示されます。