【初心者向け】プロバイダーが変わっても大丈夫。Googleの無料メールGMailを使おう

インターネットが普及してからだいぶたちますが、インターネットに繋げる為の接続サービスはインターネット開始当初から様変わりしています。ネット接続料も安くなり数年に一度、NTTからauへ乗り換えたり、プロバイダーを変更したりする方も多いと思います。でも契約する会社を変えると今まで使っていたメールも変わってしまいます。これからも乗り換えする可能性があるならメールをGoogleの無料メールGMailに変更するのも手です。

GoogleのGMailとは?

GMail(ジーメール)は世界最大のインターネット検索サービスを提供するGoogle(グーグル)による無料のメールサービスです。今まではプロバイダーの提供するメールサービスを自身のメールとして使用するのが普通でしたが、それではプロバイダーを変更した時に使えなくなってしまいます。GMailはインターネットが繋がる環境さえあれば、パソコン以外にスマートフォンでも使え、プロバイダーも関係ありません。しかも無料で使える事ができるため世界中で利用されています。

GMailアカウントの作成方法

まずはGooleのホームページにアクセスしましょう。Googleへアクセスするにはこちら(https://www.google.co.jp/)をクリックしてください。Googleのトップページの右上に「Gmail」と書いている所がありますのでそちらをクリックします。(下図の赤枠内)

下図のような画面になったら、画面右上の「アカウントを作成」をクリックします。

次に下図の入力必須と書いている項目全てに入力を行います。

  1. 名前:ご自身の名前を入力します。
  2. 「ユーザー名を選択」:使いたいGmailのメールアドレスを指定します。
  3. パスワード:8文字以上で英数字や記号を含める事で安全性が高まります。
  4. 生年月日:誕生日を入力します。
  5. 性別:性別を選びます。

携帯電話番号と現在のメールアドレスは任意入力となりますので必須ではありません。

デフォルトのホームページはブラウザ(InternetExplorer11)を開いた時に初めに表示されるホームページの事です。例えば現在はYahoo!Japanが出てくるようにしているのであればチェックを外しましょう。チェックを付けたままだとブラウザを開いた時にGoogleが表示されるようになります。(お好みで決めてください。)

入力が終わったら「次のステップ」ボタンを押します。

次に「プライバシーと利用規約」が表示されますので、最後まで内容をご覧いただき「同意する」をクリックします。

次の画面で「GMailに移動」をクリックして完了です。

Google(GMail)へログインしてみよう!

GMailを作った直後からすぐにメールを使う事ができますが、後日GMailを使う時に簡単にGoogleのホームページへアクセスできるようにしましょう。まずはGoogleのトップページにアクセスします。こちら(https://www.google.co.jp/)をクリックしてください。下図のような画面になったら、画面左上のアドレス覧のヨコにGoogleのカラフルな「G」のマークがあります。これを画面下部のタスクバーまでドラックします。

ドラックするとタスクバーにGoogleの「G」のマークが移動しました。次回Googleにアクセスしたい場合は、タスクバーの「G」のマークをクリックすれば簡単にGoogleのトップページへ移動ができます。

Googleへログインする

ではGoogleへログインしましょう。Googleのトップページ右上にある「ログイン」ボタンをクリックします。

次の画面で、作ったGMailアドレスを入力し「次へ」をクリックします。

次の画面でパスワードを入力し「次へ」をクリックします。

ログインが完了するとGoogleのトップページへ戻ります。Googleのトップページの画面右上にある「GMail」をクリックしましょう。

これでGmailのメールボックスにアクセスできました。Gmailにアクセスすると受信トレイを見ることができます。メールを作成するには画面左上の「作成」ボタンを押します。

GMailはインターネットに接続する環境さえあればどこでも使えます。インターネット接続業者を変更しても、プロバイダーを変更しても、パソコンを新しくしても、スマートフォンでもインターネットさえつながっていれば使える便利なメールサービスです。GoogleにはほかにもGoogleドライブや翻訳サービス、カレンダーなど様々なサービスを無料で使えます。この機会にGoogleを使い倒してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
レクタングル(大)




レクタングル(大)




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする